WORKS事例

category: 公共施設

永平寺町観光案内所

観光案内多言語AIコンシェルジュで観光案内所の無人化を実現

2018年8月に福井県・永平寺町の「永平寺門前の再構築プロジェクト」による観光案内所の設置に伴い、観光案内多言語AIコンシェルジュを導入しました。

観光案内多言語AIコンシェルジュは、AI機能を搭載した多言語対応の観光向けタッチパネル式サイネージとなります。
ピーディーシーでは、施設案内サイネージの運営ノウハウを活用し、観光案内向けにAIコンシェルジュの開発を行いました。

音声で質問すると、音声・画像・文字を利用して観光案内所のAIコンシェルジュ・イメージキャラクターの「小梅」が回答。
画面のボタンをタッチすることで、情報を取得することもできます。
インバウンド対応として、日本語以外にも英語、中国語(簡体・繁体語)にも対応しています。

コンテンツは永平寺の情報や観光案内所のフロアマップ・バスの時刻表などを放映。
時刻表はタッチパネルにQRコードを表示し、モバイルで確認することも出来ます。

お問合せはこちら
pagetop